『Vol.8』韓国の男性はどうなんですか?part①

どうも、どうも、『日韓男女研究所』(コロコロ看板が変わる怪しい研究所)のぺ所長です。

最近、旬であるブリの刺身を久しブリに食べて『プリプリ感いっぱい』の僕です。なんちゃって、オヤジギャク的な前振りで今週も元気良く参りたいと思います。

先々週このコラムで『韓国女子vs日本女子』というタイトルの記事を更新しました。まぁ僕個人のしょーもない恋愛体験を交えた日韓女子の比較が主な内容だったのですが、意外とお読みになられた方が多いようですね。あれから、FBに「韓国の男性についても知りたい」というコメントを付けて下さった方々がいたり、はてには日本人の若い女性たちから「韓国人の彼との恋愛に悩んでいるので相談に乗って欲しい」というメールが結構届いた次第です。

「えっ? 何でこの僕に真面目な恋愛相談をするの?」と訊ねたどころ、「親も周りの友達も国際恋愛の経験がなくて他に相談する人がいません」という返事が返って来たのです。「まぁそりゃそうだろうな」と納得しつつ、複数の女性としばらくメールのやり取りをしてみて分かった事は、そのほとんどが『韓国で留学中の20代の女性』で、どうやら韓国の男性との『恋愛関係』あるいは『男女関係』に悩みを抱えている様子でした。

はいはい、よろしい事でございます。日韓社会にまつわる様々な研究を成し遂げた僕として、この問題を放って置くわけには行きません。今回は韓国の若い男性を徹底分析してみる事にしましょう。

韓国男子が持っている日本女子のイメージ

本格的な研究へ突入する前に「果たして韓国の若い男性たちが持っている日本女子のイメージってどんなものなのか」気になったので、僕が経営するお店に飲みに来た20代〜30代半ばの若い野郎どもに、とある質問をぶつけてみました。

「日本の女性と言えば、真っ先に誰が頭に浮かぶの?」

第1位:『蒼井そら』
いやいや、またもやAV女優さんです。まぁそのAVというのは日本人男性は勿論のこと、韓国人男性、白人男性、黒人男性、加えて全世界の野郎どもに愛されている『グローバルコンテンツ』として君臨するのも事実。あ、ついこの間、とある飲み会で脱北者の男性に出会ったのですが、「今は中国経由で北朝鮮にもかなり出回っており、彼らは命懸けでAVを観ているんですよ」と語っていました。確かに僕も30代まではだいぶお世話になったと認めざるを得ないです(笑)。

第2位:『蒼井優』
これまた、『蒼井』つながり。あのですね。これは断言出来ますが、韓国の女性で『蒼井優』さんのようなタイプは一人も存在しません。韓国の男性アイドルの中にも彼女がタイプだと堂々と宣言する人がいるぐらい大人気なのですね。その『見た目』にしても、『独特なファッション』にしても、何を考えているのかさっぱり分からない『神秘たる表情』から、思わず抱きしめたくなる『可愛らしい振る舞い』まで、韓国の女性は真似できない『不思議な魅了』の持ち主だそうです。

第3位:『上野樹里』
韓国でも若い世代の間で空前のヒットを記録したドラマ『のだめカンタービレ』のヒロインです。今年、韓国内で公開された映画『ビューティ・インサイド』に本のわずか出演されているけど、とにかく、彼女がしゃべる日本語が可愛すぎて堪らないんだそうです。それに、「彼女の大きな瞳にのめり込まれそうだ」とかの意見も多かったのですが、僕に言わせて頂きますと「こよなく守ってあげたいタイプでもあるが、なんとなく女性特有の強さを秘めていそうで、妹的な存在にもお姉さん的な存在にもなれるんじゃないかな」と評価したいです。

日本男子vs韓国男子

さて、『日本の男性と韓国の男性』はどう違うのか。僕はサッカー選手を例に挙げて比較したくなるのです。まぁ『香川真司』vs『パク・チソン』っていうとこですかね。

まず、香川真司はおそらくアジアNo. 1と言える華やかな個人技を売りとして、その繊細なプレーが魅力的な選手。一方、パク・チソンは大した技術なんぞ持っていないが、持ち前の運動力でとにかくタフに走りまくり、守備に入ると相手の選手をイラっとさせる粘り強いプレーが光る選手。

容貌でいうと、かなり都会的でクールなイメージの香川選手に対し、小さい一重の目でいつもニコニコのパク選手はなんとなく近所のお兄ちゃん的なイメーシだと言えるのでしょうか。まぁ、アイドルとかイケメン俳優さんは置いといての単純比較ですけれどね。

さらに僕個人の見解を付け加えると「ファッションセンスに優れ、繊細な感性を持つクールな日本男子」vs「しぶとくて、多少荒っぽいけど、人間味がある韓国男子」と敢えて表現したいです。

続きの『part②』は今週の日曜に更新する予定です〜

The following two tabs change content below.
マッコリマン

マッコリマン

【本名:ぺ・ヒョンソク】1971年ソウル生まれ。ARG 1986-1990 、JAP 1990-2001 、KOR 2001〜。テレビコーディネーター。マッコリバー経営。妄想家。独身。このサイトに対するご意見はコチラへ→ pacobae@naver.com

COMMENTS