1451255762039

【音楽部門・BEST 5】

今年発表された様々な音楽の中で、「この5曲、本当に好きで、よ〜く聴いたな〜」的なランキングをジャンル問わず、勝手に発表致します。

第5位 Brown Eyed Soul – Home

12月8日に発表されたばかりの4枚目のアルバム『Soul Cooke』のタイトル曲です。この『Brown Eyed Soul』は韓国R&Bの代名詞『ナオル・나얼』がリーダーを務める4人組のボーカルグループ。違った個性を持つメンバー4人による極上のハーモニーが僕は大好きなんですよ。彼らの存在を知らない方はぜひぜひ聴いてみて下さいね。

第4位 Fox Capture Plan – Beyond The Beyond

日本のバンドです。国籍問わず今最も注目しているバンドの一つです。キターとボーカルがない3人組ですが、何と言っても彼らの演奏から生まれる疾走感が気持ち良すぎる。そしてこのバンドのPVはどの曲もクールでカッコイイのです。いつか福岡辺りでライブに参戦してみたいと思っております。

第3位 PSY – Dream (Feat. XIA of JYJ)

今月発表された新アルバムの5番目のトラックです。個人的にはタイトル曲よりも先に惹かれたのがこの『Dream』ですね。昔からPSY特有の淡々と喋ってるようなラップが大好きな僕ですが、『シアジュンス』のパワフルな音色が加わったことで曲の完成度がぐんと上がったのではないかと思います。あと、人生の無念さを表した歌詞も素晴らしい。PVがない曲なので、特典映像を付けてみました。

第2位 BIGBANG – Loser

もはや、ワールドワイドアーティスト的な存在になっているBIGBANGの事は一々説明するまでもないですね。今年発表した新曲の中で最もお気に入りの曲がこの『Loser』。飽きっぽい性格の持ち主であるこの僕を一度も飽きさせなかったメロディーがとてもよくて◯百回は聴いているかと。いつかライブで聴いてみたいのだが、果たしてその日が来るのだろうか…。

第1位 Hyukoh(혁오) – 와리가리(Comes and Goes)

その高い人気が地上波のテレビ番組『無限挑戦・무한도전』の出演のお陰だという人も多いのですが、彼らは既に韓国インディーズ界の期待の株だったのを知っている人は少ない。そして僕の44年の人生でインディーズチャートとメジャーのチャートで同時に1位を記録したアーティストは見た事も聞いた事もない(あ、韓国での話です)。このバンドの登場はアイドルの音楽に偏重されている韓国音楽界に多少の希望を与えてくれた快挙で前代未聞の出来事だと言えるのでしょう。彼らの音楽、最高にクールなんですよね〜。近々バンドブームの時代が再びやって来そうな気もするのですが、うーん、どうでしょう…。

 

The following two tabs change content below.
マッコリマン

マッコリマン

【本名:ぺ・ヒョンソク】1971年ソウル生まれ。ARG 1986-1990 、JAP 1990-2001 、KOR 2001〜。テレビコーディネーター。マッコリバー経営。妄想家。独身。このサイトに対するご意見はコチラへ→ pacobae@naver.com

COMMENTS