コワイヌナの味噌汁が忘れられなくて…2017秋

コワイヌナの味噌汁が忘れられなくて…2017秋

1年ぶりのこんばんは。
みなさん覚えてくれていますか?
マッコリマンならかろうじて覚えてるよ、って感じですか…
記憶の片隅に残ってませんか、さっちゃんです!

今年は1月にソウルに行ったきり、その後一度も渡韓する機会がなく…なんともう10月。
そして今日はやたら寒くて、キーボードを打つ手もかじかむほどです。

こんな寒い日は韓国の温まる食べ物を食べてぇよ!!
参鶏湯、タッカンマリ、チゲ、マッコリ…
そして、コワイヌナが作ってくれる、あの納豆のお味噌汁!

でもね、ここは日本。
こうなったらもう仕方ないじゃない。
ソウルで買った超絶美味しい味噌で作るしかないよね!

さっちゃんお気に入りスポット、
京東市場(キョンドンシジャン)で見つけたのはこのお味噌屋さん。

スンファテンジャン(승화된장)

地下鉄の祭基洞駅2番出口から薬令市の門を通り過ぎてすぐ。
あのごま油のお店のすぐ横ですよー。

スンファテンジャン(승화된장)

いろんな種類の韓国味噌(テンジャン)、コチュジャンが売られてます。
スンファテンジャン(승화된장)

おっ、味見用の爪楊枝が置いてある…ということは。
片っ端から味見をして良いということは。
自分が気に入った味噌をゲットできるということですね!
サンキュー、兄さん!
スンファテンジャン(승화된장)

お店の兄さんによると、熟成度で味が変わるそうです。
さっちゃん未だにハングルはイマイチなんですが、言葉が分からなくても、味噌の味なら分かるってもんよ!
スンファテンジャン(승화된장)

と、ドヤ顔で味見してみたところ、やはり熟成度が高いほうが味が濃いです。
でも持ち帰って熟成させるってのもアリかもしれません!

味見をして、欲しい物を言うと、兄さんがテキパキと味噌を容器に詰めてくれます。
容器は大と小があって、小は500gです。
5000ウォンくらい。

味噌なのに。
ジェラートを盛っているかのような手捌き。

スペイン広場はどこですか?
スンファテンジャン(승화된장)

コワイヌナによると、味噌汁の作り方は日本と同じ。
いつものお味噌汁の具材で全然オッケー。
ちょっと辛みを持たせたいなら、コチュジャン入れればオッケー。
韓国のお味噌で土鍋(トゥッペギ)に入れて作ってご飯を添えれば、テンジャンチゲになる!

韓国のお味噌は、具材と一緒にグラグラ5分ほど煮立てるのがコツらしいです。
味がしっかり出る感じなのでしょうかー。

私が買った味噌は熟成してるものだったんだけど、
日本のお味噌と違って、大豆が少し残ってるのがイイんですよね。
でねー、私は納豆入れちゃう!すごくおいしいんです!

容器ごとラップでグルグル巻きにしてくれるので、匂い漏れもなくて、スーツケースに入れても大丈夫。
お土産にも喜ばれそうなこの一品、いかがでしょうか。

あー。
韓国行きたいなぁー。

コワイヌナの味噌汁が忘れられなくて…2017秋

ABOUTこの記事をかいた人

さっちゃん

「勝手にマッコリマンファンくらぶ」の自称会長。
さっちゃん目線で韓国でのアレコレを書いています。
たまにイラストも描きます。