tesyc

また会う日まで

ヨロブン アニョハセヨ~。
勝手にマッコリマンファンくらぶの書記です。
K-POPからトロットまで
皆様の心に響いて欲しい韓国音楽を紹介していくコーナー『귀에 잘 들어와요?』。
さて、皆様のお耳に合いますでしょうか?

忘年会もそろそろピークを迎え
諭吉が旅立つペースも加速する時期。

忘年会が多いという事は
自分を支えて下さる方が多いという事。

ここは諭吉さんの旅立ちを温かく見守ろうではないかと
思ったりもする今日この頃。

そんな穏やかな気持ちで残り少ない12月を過ごしたい。
引き続き皆様にステキな曲を紹介していきたいと思います。

今回は、残り少ないのは12月だけではない
今年限りで解散してしまうあのグループをご紹介。

今週の『お耳に合いますでしょうか?』

今夏行われたツアー『SHU-ILIVETOUR2015「I-DREAM」の
最終日に解散を発表した『SHU-I』の『Don’t Let It Get You Down』。
日本デビュー後、初の韓国カムバックアルバムに収録された曲。

『SHU-I/Don’t Let It Get You Down』

『SHU-I』の活動歴 –超short.ver–

2009年に韓国デビュー、”Power Rookie”を受賞し
これからの活躍を期待された『SHU-I』。

翌2010年に日本に拠点を移し、毎週日本のどこかで
イベントを開催。

地道な活動と、日本語を一生懸命に覚える姿が共感を呼び
2011年に晴れて日本メジャーデビューを果たす。

その後順調に『SHU-I』としての活動を行うが
残念ながら2015年でその活動に終止符を打つこととなった。
参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/SHU-I(ウィキペディア)

『SHU-I』のファンじゃないんですが。。。

実は『メジャーデビュー4周年記念スペシャルパーティ』の
福岡公演を観る事が出来た『SHU-I』。

笑いあり、涙なし、とにかく楽しいライブだった。

解散発表の4ヶ月程前の事。

そういう事もあり、今回の『SHU-I』解散には
K-POPアイドルについては色々と考えさせられる
出来事となった。

分かっちゃいるけど辞めちゃうの

デビューするK-POPグループの数以上に
消えていくいく数が多い厳しい世界なのは
承知しているが、『SHU-I』の事を調べていく過程で
アイドル業の厳しさを改めて知ることとなった。

『SHU-I』(だけじゃないと思いますが)の
これまでの活動がなんともブラックすぎ。

謎のマーケティングとりあえず3点。

1.なぜ日本に来た?
韓国デビューを果たし、これから韓国で活動をスタートって時に
拠点を日本に移し、地下アイドル的な事をさせた事務所。

訳も分からず連れてこられた『SHU-I』のメンバーには
ただの苦行でしょ。

2. 『日本発、会えるチワワ系韓国アイドル』というキャッチフレーズ
『SHU-I』の事をあまり知らない方でも
1度は耳にしたことがあるはず。

ヒップホップなデビュー曲『BOMB BOMB BOMB』を
リリースしたグループが日本デビューにあたりつけられた
キャッチフレーズが…

『日本発、会えるチワワ系韓国アイドル』

ポカーンですよ。

売れているグループを見てみると思ったが
可愛いを全面に出した男性K-POPアイドルは
成功しないのでは?(私調べ)

3.浦島状態
韓国デビュー後多くのメディアに露出していた中で日本へ。
その4年後に韓国カムバック。
「日本で活躍の~~~」なんて言われても「あんた誰?」でしょ。

『SHU-I』がカムバックした2013年といえば
BEAST、EXO、防弾少年団など、今では超人気者の
グループが絶賛活躍中の時期。

苦行でしょ。

『SHU-I』のメンバーは全力でアイドルをやっていた

しかし、色んな謎のおかげで必ずしも順調とは言えない
活動を強いられてしまったような印象。

こういうグループってたくさんあるんでしょうが
「そういう世界だから」で片付けるのも
どうなんでしょうね。

解散秒読み状態でもこんな気持でやっている
メンバーを思うと泣けてきた。。。

SHU-I OFFICIAL BLOG

味噌って書けないよ、俺。

ということで、解散発表の映像を見つけたので
是非ご覧ください。

メンバーが作詞した曲を歌うシーン、感動しちゃいました。。。

東京ドームで待ってるよ。。。

The following two tabs change content below.
書記

書記

勝手にマッコリマンファンくらぶの書記です。 K-POPからトロットまで、皆様の心に響いて欲しい韓国音楽を紹介していきます。 紹介してほしい音楽があればご連絡ください!
書記

最新記事 by 書記 (全て見る)

COMMENTS